ちょっと待った!それって詐欺かも!?




高齢者が被害に!よくあるオレオレ詐欺!





高齢者を狙う犯罪として、
近年毎日のようにニュースなどで報道されるようになったオレオレ詐欺ですが、
その実態はどういったものなのでしょうか。

オレオレ詐欺の手法とは、
ある日突然ターゲットの元に電話がかかってきて、
親族が事故に遭ったとか、
勤務先でお金の紛失をしてしまって困っているといった相談を受け、
金銭をだまし取られてしまう詐欺犯罪のことです。

この詐欺の特徴は、電話をしてくる人物が
「俺だよ、オレオレ」と、いかにも孫などの近しい親族であるかのように装うことと、
主に判断力が鈍っていて比較的金銭に余裕があると見られる
高齢者をターゲットにしていることです。

オレオレ詐欺は犯罪として露見しにくい性質を持っていますが、
詐欺に遭った被害者が銀行振り込みではなく、
直接加害者に手渡しで現金を渡しているケースが多いことが原因のようです。

現金の手渡しではいかなる記録も残らないため、
目撃情報などが無ければ捜査が難しくなってしまいます。

激増するこうした犯罪の被害者を救済するため、
現在では「振り込め詐欺救済法」が設けられています。

この法律の救済を受けることで、
騙されてしまった場合にもお金が戻ってくる可能性がありますが、
救済対象には基準が定められていますので、
被害に遭ったら迅速に金融機関や警察に相談することを心がけましょう。



メニュー

メニュー1

メニュー2

メニュー3

メニュー4

メニュー5

































Copyright(C) 2016 ちょっと待った!それって詐欺かも!? All rights Reserved.